【アルツハイマー型認知症の症状と予防や治療】長谷川式簡易知能評価スケール

アルツハイマー型認知症をはじめとする認知症の診断において、記憶力、記銘力、見当識障害の症状を判断するのにしばしば用いられるのが、長谷川式簡易知能評価スケールです。

改定長谷川式簡易知能評価スケール
質問 → 評価法と点数

1.お歳はおいくつですか?
→正解は1点(2年までの誤差は正解)。

2.きょうは、何年の何月何日、何曜日ですか?
→年、月、日、曜日の各1つ正解で1点。すべて正解の場合は4点。

3.わたしたちが今いるところはどこですか?
→自発的に答えられれば2点、5秒おいて家、病院施設の中から正しい選択ができれば1点。

4.これからいう3つの言葉をいってみてください。
1.a桜、b猫、c電車
2.a梅、b犬、c自動車
→1.と2.の系列のうちいずれか1つを採用して○をつけておきます。a、b、cのうち1つ正解で1点、2つで2点、すべて正解で3点。

5.100から7を順番に引いてください。
1.100ー7=93、2.93ー7=86
→1.が正解で1点、2.が正解で2点(2.が不正解の場合は、打ち切る)。

6.わたしがこれからいう数字を逆からいってください。
1.6、8、2または2、8、6
2.3、5、2、9または9、2、5、3
→1.が正解で1点、2.と2.が正解で2点(2.の逆唱に失敗したら打ち切る)。

7.先ほど覚えてもらった言葉(4の質問)をもう一度いってみてください。
→自発的に回答があれば、a、b、c各2点、回答がない場合、ヒント(植物、動物、乗り物)を与え、正解すれば各1点。

8.これから5つの品物をみせます。それを隠しますのでなにがあったかいってください。

→時計、鍵、たばこ、ペン、硬貨など必ず相互に無関係なものをみせて答えてもらう。1品各1点、すべて正解の場合は5点。

9.知っている野菜の名前をできるだけ多くいってください。

→答えた野菜の名前を記入し、0〜5つ正解で0点、6つで1点、7つで2点、8つで3点、9つで4点、10で5点(途中で回答に詰まり、約10秒まっても答えられない場合にはそこでうち切る)

1〜9の質問で不正解の場合は、0点。
評価法:30点(満点)は正常、20点以下は認知症の疑いあり。


アルツハイマー予防にはこれが効きます!

最高品質にんにく卵黄 国内産【にんにく玉ゴールド】 10袋セット(おまけ1袋・計11袋)【にんにく卵黄専門店・にんにく玉本舗】

【アルツハイマー型認知症の症状と予防や治療】アルツハイマー型認知症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。