【アルツハイマー型認知症の症状と予防や治療】認知症について

成人に達してから、脳の器質的な変化によって起こった知能低下の状態を認知症といいます。認知症には、主に次の3つの型があります:

●アルツハイマー型認知症
●多発梗塞性認知症(脳血管性認知症)
●上記のふたつの混合型

アルツハイマー型認知症は、脳の老化による脳神経細胞の変性や萎縮が原因で起こるもので老年認知症とも呼ばれます。

多発梗塞性認知症(脳血管性認知症)は、脳出血や脳梗塞によって特定部位が障害されたり、小さな梗塞巣がたくさんできるために生じます。さまざまな精神症状を起こします。

認知症というのは、すでに獲得され、一定水準に達した知的能力が明らかに低下した状態です。

日本において、現在、認知症患者は約100万人と推定されています。日本の特徴としては、脳血管性認知症が多く、アルツハイマー型認知症、混合型、さらにそのほかの型があります。

一方、欧米ではアルツハイマー型認知症の頻度が高く、日本でも近年ではその傾向がみられるようになりつつあります。

認知症をもつ患者さんは、周囲の人の予想外に神経の細かいところがあります。また、よく人の言動を観察しています。

忘れてはいけないことは、知的能力は失われても感情は失われてはいないということです。

したがって軽蔑した態度をとったり、ご本人の言動を頭から否定するような反応を示すことは断じて慎むべきです。ご本人を受容する環境を作るよう心がけることが症状の悪化を防ぐためにも大切です。

アルツハイマー予防にはこれが効きます!

最高品質にんにく卵黄 国内産【にんにく玉ゴールド】 10袋セット(おまけ1袋・計11袋)【にんにく卵黄専門店・にんにく玉本舗】

【アルツハイマー型認知症の症状と予防や治療】認知症について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95777055

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。