【アルツハイマー型認知症の症状と予防や治療】家族の協力

アルツハイマー型認知症をはじめとして、老年期になるとさまざまな認知症症状が現れます。

認知症の明確な原因は明らかにされていませんが、ご本人はもちろんのこと、ご家族や地域社会が、普段から幾つかの生活上の留意点を心得ていることで、症状の発生や進行を食い止めたり、遅らせることができることもあります。

認知症の症状を抱える老人を抱えるご家庭では、看護にも大きな負担を強いられることになります。

しかし看護や周囲の配慮の仕方のよしあしがご本人の予後を左右するとなることから、責任は重大です。

出来る限りのことはして差し上げたいものです。では、周囲はご本人のためにどのようなことをすることができるのでしょうか?

いちばん大切なことは、規則正しい睡眠とバランスのとれた栄養を取れるようにしてあげることです。

また、病気が進行すると、寝たきりになったり、失禁を起こしたりすることがあります。

そのため身辺を清潔に保てるように配慮してあげてください。そのうえで、周囲から知的な刺激を与えてあげることも大切です。

また適度な運動も刺激になり、効果的なリハビリとなります。

リハビリは、病気の予防、治療と並び、第3の医学といわれるほど重要な役割を担います。

リハビリの目的や正しいやりかたを家族や地域社会が理解することで、ご本人の生活の質を落とすことなく、生きがいのある生活を送らせてあげることができると共に、家族だけが心身の負担を負わずにすむのです。


アルツハイマー予防にはこれが効きます!

最高品質にんにく卵黄 国内産【にんにく玉ゴールド】 10袋セット(おまけ1袋・計11袋)【にんにく卵黄専門店・にんにく玉本舗】

続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。